新型コロナワクチン予防接種についての説明書(3回目)

2022年1月に配布された追加接種用(3回目)に於けるファイザー社、武田/モデルナ社についての説明書になります。

重複する部分はまとめ、相違する部分を書き出しました。

新型コロナウイルスワクチン接種について

本ワクチンの接種は口と地方自治体による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種事業の一環として行われます。

本ワクチンの接種は公費対象となり、希望者は無料で接種可能です。

なお、本ワクチンの追加(3回目)接種は18歳以上の方が対象です。

ワクチンの効果と投与方法

今回接種するワクチンは新型コロナウイルス感染症の発症を予防します。

予防接種法に基づく追加接種の感覚は、対象となる方に応じて異なります。(現時点では6~8か月)

お住まいの自治体からのお知らせを確認してください。

1回目や2回目の接種に用いたワクチンの種類に関わらず、本ワクチンの接種が可能です。

本ワクチンの追加接種を受けても、感染を完全に予防できるわけではありません。ワクチン接種に関わらず、引き続き適切な感染防止策を行う必要があります。

ファイザー社

本ワクチンの追加接種から1か月後の中和抗体価は、2回目の接種から1か月後の中和抗体価よりも数倍高い値であることが報告されています。

販売名     コミナティ🄬筋注
効能・効果   SARS-CoV-2による感染症の予防
接種回数・間隔 1回(2回目の接種が完了してから一定の間隔が経過した後)※筋肉内に接種
接種対象    18歳以上(18歳未満の人に対する追加接種の有効性・安全性はまだ明らかになっていません)
接種量     1回0.3mlを1回

武田/モデルナ社

本ワクチンの追加接種から28日後の中和抗体価は、2回目接種から28日後の中和抗体価よりも高い値である事が報告されています。

販売名     スパイクバックス筋注🄬
効能・効果   SARS-CoV-2による感染症の予防
接種回数・間隔 1回(2回目の接種が完了してから一定の間隔が経過した後)※筋肉内に接種
接種対象    18歳以上(18歳未満の人に対する追加接種の有効性・安全性はまだ明らかになっていません)
接種量     1回0.25mlを1回

予防接種を受ける事が出来ない人

下記に当てはまる方は本ワクチンを接種できません。該当すると思われる場合、必ず接種前の診察時に医師へ伝えてください。

・明らかに発熱している人
※明らかな発熱とは通常37.5℃以上を指します。但し37.5℃を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。

・重い急性疾患にかかっている人

・本ワクチンの成分に対し重度の過敏症の既往歴のある人

※アナフィラキシーや全身性の皮膚・粘膜症状、喘息、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑われる複数の症状。1回目あるいは2回目の接種でこれらの症状が認められた人は、同一のワクチンを用いた追加接種を受ける事が出来ません。

・上記以外で予防接種を受ける事が不適当な状態にある人

予防接種を受けるに当たり注意が必要な人

下記に当てはまる方は本ワクチンの接種について注意が必要です。

該当すると思われる場合は、必ず接種前の診察時に医師へ伝えてください。

また妊娠中、妊娠している可能性がある人、授乳されている人は接種前の診察時に必ず医師へ伝えてください。

但し、かかりつけの産婦人科医に確認していない場合でも、予診医によりワクチン接種が可能と判断された場合は接種が可能です。

本座員はこれまでのワクチンでは使用された事のない添加物が含まれており、過去に薬剤で過敏症やアレルギーを起こした事のある人は、接種前の診察時に必ず医師へ伝えてください。

・凝固治療法を受けている人、血小板減少症または凝固障害のある人
・過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる人
・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発達障害などの基礎疾患のある人
・過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状が出た人
・過去に痙攣を起こしたことがある人
・本ワクチンの成分に対してアレルギーが起る恐れがある人

接種を受けた後の注意点

本ワクチンの接種を受けた後、15分以上接種を受けた施設でお待ちいただき、体調に異常を感じた場合には、速やかに医師へ連絡してください。
※過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を起こした事がある方や、気分が悪くなったり、失神等を起こした事がある方は30分以上の待機
※急に起こる副反応に対応する為

注射した部分は清潔に保ち、接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分はこすらないようにしてください。

通常の生活は問題ありませんが、当日の激しい運動や過度の飲酒等は控えてください。

副反応について

主な副反応は注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、悪寒、発熱等があります。

また稀に起こる重大な副反応としてショックやアナフィラキシーがあります。

尚、本はクチンは新しい種類のワクチンの為、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。

接種後、気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談しましょう。

ごく稀にではあるものの初回(1・2回目)接種では、ワクチン接種後に心筋炎や心膜炎を疑う事例が報告されています。
※1回目よりも2回目の接種の後に多く、若い方、特に男性に多い傾向がみられます。

接種後数日以内に胸の痛みや動悸、息切れ、むくみ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。

追加接種では1回目や2回目の接種と比較して、主にわきの下のリンパ節の腫れが多く報告されています。症状は軽く、数日以内に回復する事が多いようですが、腫れが酷かったり長引く場合は、医療機関を受診してください。
※リンパ節の腫れは5%程度

予防接種健康被害救済制度について

予防接種では健康被害が起る事があります。極めて稀ではあるものの無くすことが出来ない事から救済制度が設けられています。
※健康被害=病気になったり障害が残ったりする事

新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合にも、予防接種法に基づく救済が受けられます。
※救済=医療費・障害年金等の給付

申請に必要となる手続きについては、住民票がある市町村にご相談ください。

新型コロナウイルス感染症について

SARS-CoV-2による感染症が発症すると、熱や咳など風邪によく似た症状がみられます。

軽症のまま治癒する人も多い一方、重症化すると呼吸困難などの肺炎の炎症が悪化し、死に至る場合もあります。

今回接種する新型コロナウイルスワクチンの特徴

本剤はメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンであり、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質の設計図となるmRNAを脂質の膜で包んだ製剤です。
※スパイクタンパク質=ウイルスが人の細胞へ侵入する為に必要なたんぱく質

本剤接種によりmRNAが人の細胞内に取り込まれると、このmRNAを基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、スパイクタンパク質に対する中和抗体が産生及び、細胞性免疫応答が誘導される事でSARS-CoV-2による感染症の予防が出来ると考えられています。

成分/ファイザー社

【有効成分】
・トジナメラン
※人の細胞膜に結合する働きを持つスパイクタンパク質の全長体をコードするmRNA

【添加物】
・ACL-0315:[(4-ヒドロキシブチル)アザンジイル]ビス(ヘキサン-6、1-ジイル)ビス(2-ヘキシルデカン酸エステル)
・ALC-0159:2-[(ポリエチレングリコール)-2000]-N、N-ジテロラデシルアセトアミド
・DSPC:1,2-ジステアロイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン
・コレステロール
・塩化カリウム
・リン酸二水素カリウム
・塩化ナトリウム
・リン酸水素ナトリウムニ水和物
・精製白糖

成分/モデルナ社

【有効成分】
・エラソメラン
※人の細胞膜に結合する働きを持つスパイクタンパク質の全長体をコードするmRNA

【添加物】
・SM-102:ヘプタデカン-9-イル 8-((2-ヒドロキシエチル)(6-オキソ-6-(ウンデシルオキシ)アミノ)オクタン酸エステル
・コレステロール
・DSPC:1,2-ジステアロイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン
・1,2-ジミリストイル-rac-グリセロ-3-メチルポリオキシエチレン(PEG2000-DMG)
・トロメタモール
・トロメタモール塩酸塩
・氷酢酸
・酢酸ナトリウム水和物
・精製白糖


【引用・参照】

厚生労働省HP

タイトルとURLをコピーしました