【Sports Foods】

プロテインパウダー・プロテインバー・プロテインドリンク・その他のたんぱく質含有食品
栄養成分表・原材料名・販売者等の記録

バルクス/EAA9

rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0d982fdd.946db830.0d982fde.0a99391a";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreI...

マツキヨラボ/プロテインドリンク(6種類)

マツキヨラボから販売されるドリンクタイプのプロテインになります。原材料名や栄養成分表示を含め、それぞれの特徴や個性をまとめました。傾向として数多くのフレーバーが販売されていますが、大きく分けると混合型(ソイ・ホエイ・カゼイン)と乳たんぱく型の2種類になります。

スポーツドリンク/ペットボトルタイプ

rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0d982fdd.946db830.0d982fde.0a99391a";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreI...

海外産プロテインバー(種類)

ゲータレード、

スポーツドリンク/パウダー・リキッドタイプ

日本には数十種類ものスポーツドリンクが販売され、飲料タイプやパウダー、リキッドタイプなど多くの種類が販売されています。それぞれに長所と短所がありますが、パウダー及びリキッドタイプを取り上げて調べてみました。栄養成分表や原材料名、価格等を踏まえて取り上げています。

DNS/PROTEIN WHEY100(全8種類)

DNSのプロテインは、アスリートにも支持される高い安全性と品質、世界最先端のスポーツ栄養学に基づいた研究とサプリメントの販売・開発を行っている会社です。実際に試した感想を栄養成分表や原材料名と共に記録しております。

UMATEIN/Upward(全8種類)

ウマテインのプロテインは飲んだ時の美味しさがずば抜けたレベルのプロテインです。グラスフェッド・ホエイを原材料に使用し、ビタミン類も添加されているので高級なプロテインの1つです。実際に試した感想を栄養成分表や原材料名と共に記録しております。

be LEGEND/Real Style(32種)

ビーレジェンドのプロテインはフレーバーの種類が国内随一の多さです。また、種類が多いながらも味や風味、値段といった総合的なパフォーマンスは高く、多くの方から指示されるプロテインです。実際に試した感想を栄養成分表や原材料名と共に記録しております。

プロテイン(海外製品・少量品など)

過去に購入したプロテインについて纏めております。現在、すでに販売を終了している商品や海外製品についても記述しております。

株式会社エフアシスト/ハイクリア-ホエイプロテイン(全12種類)

ハイクリアホエイプロテイン100や歩留まり品の原材料名、栄養成分表、カロリーなどをまとめました。また、味や値段についての情報もまとめております。

MAD PROTEIN-SOY/リバティライフ(全15種類)

その名前に隠された実態とは異なるプロテイン。それがマッドプロテインだ。ソイ独特の風味とフレーバーごとのドライフルーツがプロテイン常飲者を虜にする。15種類展開されるフレーバーそれぞれに個性があり、物語がある。岐阜で作られるこのプロテインを飲まずしてプロテインを語るなかれ。

マッスルエレメントカレー/信州セキュアフーズ株式会社(全3種類)

信州セキュアフーズより販売されるマッスルエレメントカレーは、1袋20gを超えるタンパク質が含まれており身体作りをする方にとって嬉しい商品だ。3種類のどれもが個性的で味自体もそれぞれ特徴があり、初めて試す方には3種類食べてみてお好みの味を探してもらいたい。

ONE BAR/ONE1BRANDS.com(全3種類)

アメリカのONE BLANDSが製造するONEバーは、砂糖1グラムだけしか使用していないという事からこの名称がきています。1本からたんぱく質が20g摂取でき、脂質が8g、砂糖が1gという構成になり、味のレビュー、価格、原材料名、栄養成分表を踏まえて記載しております。

THE PROTEIN/武内製薬(全4種類)

プロテインではOEM事業を手掛ける武内製薬は2013年に脱毛ワックス事業を軸として事業展開をしていました。THE PROTEINでは4種類のフレーバーが販売され、それぞれ独特の美味しさを持っております。

ホエイ100/MUGEN BIONIC(全9種類)

静岡県静岡市に本社を構えるMUGEN BIONIC株式会社は、プロテインパウダーだけでなくインソールやアミノ酸サプリメントの販売も行っています。特徴としては1袋当たり25gのタンパク質が摂取でき、亜鉛やマグネシウムなどの栄養素が添加されており、成長期の子供たちやアスリートに嬉しいプロテインとなっています。

ソイプロテイン/アルプロン(全5種類)

アルプロンといえば高級志向のプロテインIZUMOが販売された事で、我々トレーニー界隈では黒船来航かと身構えたそんなインパクトのある企業でした。ソイプロテインでは6種類のフレーバーが発売され、ソイならではの和テイストな至極美味な商品に仕上がっています。

ゴールドジム・プロテインクッキーバー/THINK Fitness(全4種類)

ゴールドジムを日本国内で運営する株式会社THINKフィットネスは、フィットネス機器やサプリメントの販売も行っています。ゴールドジムのブランドを冠したクッキーバーは、プロショップで購入する事ができ、全3種類が販売されているので試食をしてみました。栄養成分表、原材料名、値段等を詳細に纏めました。

豆腐系プロテインバー(全3種類)

豆腐系のプロテインバーが2社より発売されました。通常のプロテインバーとの違いとして原料は豆腐が主体となっている為、植物性タンパク質が多く含まれます。植物性タンパク質の原料となっている大豆は大豆イソフラボンが多く含まれ、美容の観点から女性に支持されるプロテインバーとなるのかも知れません。

ゴールドジム ホエイプロテイン/スィンクフィットネス(全9種類)

ゴールドジムを日本国内で運営する株式会社THINKフィットネスは、フィットネス機器やサプリメントの販売も行っています。ゴールドジムのブランドを冠したホエイプロテインは、プロショップで購入する事ができ、全9種類が販売されているので試飲をしてみました。

ビタノート・フォー・プロテイン/ユカシカド(全4種類)

株式会社ユカシカドから販売されたVita Note for Proteinは、一人ひとりの栄養状態に合わせて12種類のビタミンと3種類のミネラルを配合したパーソナライズプロテインを販売する会社です。今回4種類のフレーバーをピックアップしました。